「美容整形」と「プチ整形」の違いって何? どう違うの?プチ整形と美容整形の違い

美容外科といえば、美容整形をするところというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、近年、神戸の美容外科で人気があるのはプチ整形と呼ばれるものです。プチ整形は、ダウンタイムがほとんどなく、体への負担も少ないため、多くの人から支持されています。神戸にお住まいの方で、今よりももっと美しくなりたい、コンプレックスを解消して自分に自信を持ちたいという方には、まずは気軽に受けられるプチ整形がオススメです。

違いは、メスを使うか使わないか。

神戸の美容外科で従来行われている美容整形と、近年人気が高いプチ整形の一番の違いは「メスを使わない」ということです。つまり、プチ整形の場合には、皮膚や骨などを切開することがないのです。いくら綺麗になりたい、外見を変えたいと思っている人でも、やはり身体にメスを入れるのには抵抗があるという人も多いと思います。そんな人でも気軽に受けられるのがプチ整形です。最近では、神戸のほとんどの美容外科でプチ整形を扱っています。ここでは、美容整形とプチ美容整形のメリット、デメリットについてご紹介します。それぞれの特徴を知ることで、自分の悩みやコンプレックスを解決するための最善策が見えてくると思います。

違いは、メスを使うか使わないか。

プチ整形

プチ整形

プチ整形に含まれる代表的な施術は、埋没法による二重まぶた美容整形やボトックス注射、ヒアルロン酸注入などです。これらの施術は、メスを使って皮膚を切ることがないため、はじめて美容外科を利用するという方でも抵抗なく受けられます。スキンケアやメイクの延長のような気軽な感覚で受けることができるでしょう。神戸にお住まいの方で、いきなり本格的な美容整形は怖いという人にもオススメです。

メリット

プチ整形のメリットを一言でいうと、「気軽で簡単に行える」ということです。メスを使って皮膚を切ることがないので、傷跡も残りませんし、合併症や副作用のリスクも軽減できます。また、ダウンタイムがほとんどないため、手術の翌日から仕事や学校など日常生活を送ることが可能です。

デメリット

プチ整形は、定期的なメンテナンスが必要です。例えば、ヒアルロン酸注入による豊胸手術の場合、施術から半年ほどでヒアルロン酸は体内に吸収されるため、施術前の状態に戻ってしまいます。ボトックス注射の場合も同様です。

美容整形

美容整形

神戸の美容外科で行われている代表的な美容整形としては、豊胸手術や脂肪吸引、隆鼻術、小顔矯正のための骨削り手術、切開法や目頭切開による二重まぶた美容整形などがあります。こういった手術では、必要に応じて皮膚や骨を切ったり、シリコンやプロテーゼを挿入することで外見に大きな変化をもたらすことができます。

メリット

美容整形は、一度行えば半永久的な効果が期待できます。もちろん、一生ケアやメンテナンスが必要ないというわけではありませんが、プチ整形よりも効果と持続性が高いのがメリットだといえます。また、大きく外見を変化させたい場合にも有効です。

デメリット

大きく外見を変化させるための美容整形手術では、長時間に渡る大きな手術が必要になります。費用も高額になることが多く、入院や前後のケアが必要になります。また、副作用や合併症、術後の痛みや腫れなどのリスクも伴います。

美容整形一口メモ

一重か二重かというのは、両親からの遺伝が大きく影響するといわれています。一重の両親からは一重の子が、二重の両親からは二重の子が生まれる可能性が高いのです。ですが、生まれたばかりの赤ちゃんは、みなほとんど一重です。そして、成長とともにまばたきやまぶたの運動などによって自然と目元も状態が整ってきます。だいたい1歳くらいになると、ほぼ一重か二重かが定まるといわれています。

神戸で美容外科・美容整形をお探しの方へ

100万ドルの夜景とも評される文化的な景観、異人館周辺の石畳が続く通りには瀟洒な雰囲気が漂い、リーズナブルでスタイリッシュな革製品が有名。それが神戸の魅力です。そんなお洒落な街・神戸には、数多くの美容外科がクリニックを展開しています。神戸の街の美しさに見合う、あるいはそれ以上の美しさを手に入れるためにも、美容整形は神戸周辺に住む人にとって関心の高いもの。神戸は、神戸の街そのものが美しいだけでなく、神戸に住むひとりひとりの美に対しての意識も高い街なのです。そんな神戸には、数多くの美容外科があります。希望どおりの容姿を獲得したいのであれば、美容外科選びは何よりも大切なこと。当サイトでは、神戸で美容整形を受けたいとお考えの方に役立つ情報を提供しております。